足立支店 坪ノ内伸行(平成28年入社:嘉悦大学卒)

タジマヤを選んだ理由は?

学生時代にスーパーでアルバイトをしていて、食品流通に興味があり、仕事にも取り組みやすそうだなと思い、志望しました。それと、私は料理をするのが好きだったので、食材を扱う仕事に興味があったというのも理由の一つですね。料理は今でも、休みの日にスパゲッティを作ったりしています。

タジマヤってどんな会社?

入社前、タジマヤに対しては、倉庫のイメージを持っていまして、業務スーパーの様な会社を想像していました。仕事の内容も、倉庫での荷物運び等の力仕事がメインで、商品のピッキング等をイメージしていたんです。しかし、実際に仕事をするようになって、お客様とのコミュニケーションが本当に大事な仕事だと感じるようになりました。タジマヤは卸売会社ですから、豊富な商品を揃える事が重要で、私も担当のメーカーを持っているのですが、商品の仕入というのは本当に大事な業務なんです。しかし、ただ仕入して商品を並べるだけでは、お客様に商品の魅力が伝わらず、それこそ商品が溜まっていくだけの倉庫になってしまいます。お客様とのコミュニケーションを通じて、積極的に商品の魅力をアピールしていかないと、お客様の支持は得られません。そういう意味でも、お客様との普段からのコミュニケーションは大事にしていかなければならないと思います。

先輩達は皆やさしくて、丁寧に指導してくれます。ただ口頭で教えるだけでなく、やって見せてくれて、次に実際にやらせていただいて、それでどこが違うかを指導するというのが基本ですね。「とりあえずやってみて」という感じで、付き添って見ていてくれます。私は、本当に付きっきりで教えていただいたので、かなり仕事は覚えやすい環境でしたね。これから新しい後輩が入ってきたら、自分もそうやってしっかり教えたいと思います。

タジマヤに入社して一番良かったのは、もともと好きだったお菓子や飲料をもっと好きになれた事、そして、そうした商品に詳しくなれたことです。入社前は、お菓子でもメーカーがどこかとか、まったく気にしていなかったのですが、今では休みの時にスーパーで買い物していても、「この商品をこの値段で売っているんだ」とか、「この商品はうちで扱ってるな」とか、そういう風に商品を見る目が変わりました。入社した頃に比べれば、かなり知識もついたと思います。

現在の仕事内容は?

現在は飲料メーカーを4社ほど担当していますが、普段から自分で商品を飲んで試してみて、商品の魅力を伝えられる様にしています。そして、お客様にお勧めの商品を尋ねられた時は、積極的に自分の担当メーカーをお勧めするようにしています。販売に関しては、ほとんど任されていて、特に先輩や上司から指示されることもありません。私は大学でパソコンを使っていたので、イラスト入りのポスターを自分で作って貼りだしたりしています。先輩方は手書きでPOPを作られるので、逆に目立ちますね。私も商品の値段は手書きで描くんですけど、全部、自分で考えて工夫してPOPを作っています。そうやって商品が売れるようになった時は、本当によかったなと思います。

また、お客様とのコミュニケーションは本当に大事な仕事で、とても勉強にもなります。お客様も地元で商売されていますので、マーケットに詳しく、貴重な情報をいただけます。例えば、足立区では、ご年配の方が多くいらっしゃって、若い方向けのキャラクター商品は、あまり売れません。飲料でも内容量が多い商品は1回で飲みきれないので、少量の商品の方がよく売れます。そういう貴重なマーケティング情報をいただくので、お客様との情報交換は本当に勉強になります。

これまでの仕事で一番うれしかったのは、以前に自動販売機を担当していたんですけど、私が担当してから、売れる商品・売れない商品をこまめにチェックするようにしました。売れない商品はすぐに撤去して、売れる商品に替えていって、最初に担当を引き継いだ時と商品を大幅に入れ替えたんです。そうしたら、私が担当する前と比べて売上がかなり良くなっていきました。その時は、自分の力で売れる自動販売機に作り替えられたんだなという達成感がありました。それは本当にうれしかったです。

今後の課題は?

メーカーとの商談が課題です。まだ交渉が自分で思うようにできていないと感じています。メーカーの営業さんもプロですから、お勧めの商品を色々とご提案いただくのですが、もっと自分で売れる商品を考えて、納得のいく仕入をできる様にしていきたいと思っています。その為には、お客様とも、メーカー様とも、もっとコミュニケーションを取る事が重要で、とにかく仲良くなるという事が一番大事ですね。よく上司からは「まず自分を売れ!」っていつも言われています。それぞれに真摯に対応して、その積み重ねが信用につながる。とても大事な事だと思います。目標は、上司の様にお客様から信頼され、メーカーや協力会社の方からも頼りにされるような、本当に皆さんと仲良くして、それぞれがWINWINとなる商談が常に出来るようになればと思います。